脂漏性湿疹の症状と原因

脂漏性皮膚炎というものをご存知でしょうか?だいたい、高温多湿の時期や、紫外線の強い時期、梅雨から夏にかけて発症するのが多いのが、脂漏性皮膚炎なのです。ここでは、脂漏性皮膚炎とはどんな症状が出て、原因はなんなのか、一緒に見て行ってみましょう。

 

脂漏性皮膚炎の発生する場所

脂漏性皮膚炎が発生する場所は、皮脂の分泌が多い鼻周辺や頭皮などが中心に起こる皮膚炎です。皮脂の分泌量が多すぎるかったりすると、皮脂にふくまれる脂肪酸が酸化しと臭いを発生してしまったり、また炎症を起こして地肌が赤くなり、かゆくなります。

 

脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎の症状は、地肌が赤く痒くなり、皮膚が荒れてかさつき、細かく剥がれ落ちることも。頭皮の場合はフケが大量発生します。初めの症状は、アレルギー性皮膚炎や刺激性皮膚炎と似ているため、脂漏性皮膚炎としらずに痒みなどに悩まされている方は結構多いそうですよ。かゆみを伴うかさついた皮膚に悩まされている方は、脂漏性皮膚炎かもしれませんね。この原因はカビの一種、真菌が悪さをしているため、しっかり治療しないことで慢性化や再発が考えられるため、医療機関を受診したほうがよいでしょう。

 

かゆみやフケが現れたら脂漏性湿疹?

脂漏性皮膚炎はホルモンバランスの乱れやビタミンB不足、洗顔や洗髪によるもの(洗いすぎ、洗い残し)以外に、直接的な原因がカビ(真菌)であることがわかってきており、通常の状態では無害でも、皮脂や汗などの分泌物が増えると、それらの成分をエサにして急激に増殖することで発症するようです。フケの量が多く、洗髪してもすぐにフケが出たり、辛いものなど刺激物を食べると、強いかゆみとフケが出る、というときには脂漏性湿疹を疑ったほうがいいでしょう。男性の場合は、脂漏性皮膚炎と脱毛症状を併発することもよくあるようなので、皮膚科を受診して調べてもらってください。

 

脂漏性湿疹の治療

脂漏性湿疹の治療には、外用(塗り薬)の抗真菌薬が良く使われるようです。そのほか、程度にもよりますが、抗生物質、荒れた皮膚のための尿素入りのローションやビタミンB、Cなどが一緒に処方されるとか。
一方、頭皮の場合には、シャンプーにも気を配る必要があります。低刺激性のシャンプーや、抗真菌剤の入ったシャンプーを使用することがよいということです。
1〜2カ月様子を見て、効果がない、悪化しているなどと感じた場合は、医師に相談しましょう。

 

脂漏性湿疹に習いために自分でも注意したいこと
脂っこいものは食べないようにする

高脂質の食事を続けてとると、皮脂の分泌量が増えて、カビの繁殖を助けてしまいますよ!

ビタミンBとCをたくさん摂取する

ビタミンB群(B2、B6)とビタミンCはをなるべく多く摂取する。サプリでもよいかも?

洗顔を丁寧に行う/洗髪を丁寧に行う

洗髪、洗顔ともによく泡立てた石鹸で行い、頭皮の場合は抗真菌剤入り、あるいは低刺激のシャンプーで爪を立てないようにし、指の腹でなでるようにあらいます。そのあとはすすぎの腰長いようにしっかりすすいでください。

紫外線はNG

蒸れにくい帽子や日傘で紫外線はブロックしましょう。

睡眠は十分に

睡眠不足や睡眠時間が不規則だと、皮膚の抵抗力が低下するため、睡眠不足にはならないように気を付けましょう。