男性型脱毛症(AGA)の症状と原因

ここでは、男性の中ではすでに定着しつつある(?)男性型脱毛症のAGAについて触れてみたいと思います。全国では1260万人の発症者がおり、薄毛を気にしている方は800万人程度、なんらかの対処をしたことがある方は650万人程度なのだそうですが、放置することで確実に進行するため、薄毛になりたくない、または薄毛が気になるという方は死ぬ病気ではなくても、正しく理解し、なんらかの対処をするのが正解ですよね。

 

男性型脱毛症AGAはどんな病気でどんな症状?

男性型脱毛症AGAというのは、Androgenetic Alopeciaの頭文字をとったもので、要するに日本語訳すれば男性型脱毛症のことです。男性によく発症する薄毛で、だいたいは思春期以降の男性の額の生え際や、頭のてっぺんの部分のどちらか、または両方が徐々に薄くなってくるといった症状がみられます。一日平均、通常は50−100本抜けるといわれていますが、それ以上の抜け毛が機になる方は一度専門のお医者さんに相談して見てはいかがでしょうか。

 

男性型脱毛症AGAの原因は何?

AGAの原因としてよく言われているのは、男性ホルモンの影響ですよね。症状が進行することで、抜け毛が増え、薄毛が目立つようになってきます。

 

男性型脱毛症AGAのパターン

男性型脱毛症AGAはみなさんが同じような状態で薄毛を発症するわけではなく

  • 額の生え際から薄くなっていくタイプのもの
  • 頭のてっぺんから薄くなっていくタイプのもの
  • 額の生え際と頭のてっぺんの両方から同時に薄毛が進行していくもの

など、いろいろな状態で進行していきます。

 

男性型脱毛症AGAの根本原因といわれるDHTってなんだ?

男性型脱毛症によって脱毛すると、脱毛を起こした部分を調べてみるとDHT「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの一種が多くみられます。このDHTというのが、毛周期の成長期に当たる期間を短くする原因となっている、と今の科学ではわかってきているようです。そして毛周期の中でも大切な成長期の期間が短くなってしまうと、頭髪はしっかり成長する前に細く短いまま抜けてしまったりするのです。ちなみにこのDHTという物質は、5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられるといわれていますが、これにまた遺伝が関係しているのだとか…

 

男性型脱毛症になってしまったらどうすればいいのか?

男性型脱毛症AGAを発症してしまったら、「もうだめだ」と薄毛を受け入れなくても、大抵の場合は産毛が残っているため、毛包がある限り髪の毛が育つ可能性はあるそうなのです。まずは対処法を学びましょう!

 

男性型脱毛症の治療法はどんな治療法を選択できるのか?

男性型脱毛症AGAを発症してしまったら、嘆いていないで適切な処置をするのが一番です!それでは、男性型脱毛症AGAはどのような治療法があるのでしょうか?
主な男性型脱毛症AGA治療として、医療機関で受けられるもの、自宅で対処できるもの、整容的な対処などが挙げられます。

 

内科的治療/薬物治療という手段

専門のお医者さんで処方される薬を摂取する方法と、ドラッグストアで購入できる医薬品を摂取するという手段。

外科的治療という手段

抜け毛などの専門の医療機関で、自毛を植毛してもらうという手段。

整容的対処

とりあえずの一時しのぎであれば、「かつら」という手段もあります。

 

男性型脱毛症AGAの予防策はない?

正しい食生活が予防にもつながる

ある一定の食べ物が男性型脱毛症AGAに効果がある、といったことはまだ科学的には証明されていませんが、髪は皮膚と同じく体の中の健康が外に現れるものなので、バランスの良い食生活は必須のようですよ。ビタミン、ミネラルなど体に必要な栄養素を毎日の食事で取り入れること、また睡眠不足などは解消し生活リズムを整えることが大切です。男性型脱毛症AGAは喫煙で進むといったことは科学的には証明されていないものの、節煙または禁煙することで健康が増進するため、できれば禁煙がお勧めです。ストレスとの因果関係もわかっていませんが、ストレスは健康にも負担がかかることからストレスは上手に解消するようにしたいですよね。 シャンプーなどにも気を配り、しっかり予防または改善していくように対処していきましょう!